« 『もしもし!』 | トップページ | WBC 昨日の続き »

2006年3月13日 (月)

疑惑の判定(怒!)

 仕事の手を休めて見た、WBC2次リーグ第1戦。アメリカ対日本。
 イチローの先頭打者ホームランに続いて、川崎のタイムリー2点打。チッパー・ジョーンズにソロHRを許したものの、日本の優勢でゲームは流れていた。

 日本のピッチャーが2番手、清水に変わってから審判団の動きがおかしくなった。
 清水のボールに付けるツバにクレームがついた。MLBでもよくやってるじゃないかと思ったが、解説によると、マウンドを降りて付けるのはイイが、マウンド上での行為はダメという事ではないかと言うことだった。ホンマかいな?今度、別の試合でその辺を見てみることにしよう。
 動揺した清水は、リーに2点同点HRを打たれた。

 決定的におかしかったのは、8回の日本の攻撃における、タッチアップの判定だ。今もインターネットで問題になっているだろうが、あれはどう見てもセーフだった。
 1死満塁。岩村の打った打球は浅いレフトフライ。アメリカのレフト、ウィンの捕球より、サードに進塁していた西岡のタッチアップのスタートが早かったというのだ。繰り返し流れたTV画面でも確認できたが、あれは10人中10人がセーフと言うくらいの普通のプレーだった。際どいとか、微妙なとかの表現は全然当てはまらない。アレで離累が早いというなら、タッチアップなんて誰もしない。それくらい、明白なセーフだった。
 2累審判がセーフと言ったのに、アメリカ側ベンチの抗議に、主審はいともあっさりと判定を覆した。王監督の怒りはもっとものことだった。

 今回のWBCの審判団は、MLBの審判ではないらしい。どうやら、報酬の面で折り合いがつかず、マイナーの審判を中心に構成されているらしい。
 アチラの審判は、日本のプロ野球の審判とは違って自立した組織になっているらしいが、さて、それにしても色んな憶測を呼びそうな、オカシナ判定ではありました。

|
|

« 『もしもし!』 | トップページ | WBC 昨日の続き »

コメント

TBありがとうございます。
十瑠 さんも昨日の試合見れましたか。
勝ってる試合だったのに残念でしたね。
でも、韓国やアメリカの反応がちゃんと公平に見てくれてて
安心しました。
あれはどう見てもセーフですよね。

またメキシコ戦とか韓国戦があるので
とにかく頑張って欲しいです。
今度は何時に放送があるのかなぁ?
見れると良いんですが・・・・・

投稿: はにはに | 2006年3月14日 (火) 09時55分

今朝、14日にも続きを書きましたが、いやはや、色々なことがあるようです。

次のメキシコ戦は明日ですよね。ゆっくりは観れないけれど、応援はしますよ。
とにかく、もう一度アメリカとしなければ・・・。、

投稿: 十瑠 | 2006年3月14日 (火) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/9070817

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑の判定(怒!):

« 『もしもし!』 | トップページ | WBC 昨日の続き »