« スノー・ボードって・・・ | トップページ | オリンピック終わりました »

2006年2月24日 (金)

オリンピック終盤

 “イナバウアー”
 荒川静香の得意技だが、新しい得点方式では加点されないらしい。日本選手権では封印したが、その後、新しいコーチが復活を提案し、今回のトリノでも披露することになったらしい。4分の演技時間の消化にはこれが必要だったし、コーチは静香のイナバウアーは『誰よりも美しい。』と言って勧めたらしい。得点にならないのなら、これからはヤル人も居なくなっちゃうんだろうなあ。

 あっと、書き忘れるところでした。荒川静香が金メダルを獲りました。2位がサーシャ・コーエン(USA)、銅メダルがイリナ・スルツカヤ(ロシア)でした。村主章枝は4位だった。

 今朝、今回のオリンピックで初めてLIVEで観た種目が女子フィギアで、最初の日本のメダル獲得シーンでした。バンザーイ!!

 今回の五輪で湧いたのは、もう一つカーリングがありましたな。
 北海道の常呂町は、カーリングの主要選手の出身地ということで、町おこしの為にカーリング場まであるらしい。
 TVゲームのカーリングをもっていますが、アレはゲームでも面白いですよ。実際のはずっと難しいルールもあって奥が深いようですが。

|
|

« スノー・ボードって・・・ | トップページ | オリンピック終わりました »

コメント

きっと小中学校では、背中を後ろにそらして「イナバウアー!」とやるのが、流行ってるに違いないと。(もっともイナバウアーは左右の足を180度の平行にして滑ることで、背中そらすのは彼女のオプションなわけですが。)
たとえ加点されなくても、イナバウアーから3連続ジャンプへという流れは、絶妙でしたね。

投稿: TARO | 2006年2月26日 (日) 00時03分

>イナバウアーは左右の足を180度の平行にして滑ること

そうなんですか。
新採点方式では、一つの技は3秒間持続しなければいけないので、静香ちゃんはワン・アイスクリーム、ツー・アイスクリーム、スリー・アイスクリームとそれぞれの技の最中に数えていたらしいですね。
しかし、イナバウアーの時は3秒間ルールを気にしなくていいから、ゆっくりと歓声を楽しんだと言ってました。

TAROさん、パレードがあるといいですね。

投稿: 十瑠 | 2006年2月26日 (日) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/8819733

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック終盤:

« スノー・ボードって・・・ | トップページ | オリンピック終わりました »