« ご無沙汰 | トップページ | オリンピック終盤 »

2006年2月23日 (木)

スノー・ボードって・・・

 “日記”みたいなモノの替わりに始めたブログなのに、1週間に1回くらいの投稿じゃ替わりになりませんな。最近は、映画を観る時間を作るのさえ難しい状況で、更には映画のブログの投稿を止めたくないのでソチラに時間を割いてしまっているので、“独り言”は・・・って、これが独り言のようですな。

 トリノは相変わらず未だに1個のメダルも獲れていないようです。女子のフィギアが明朝早くあるようで、コレはショートプログラムで荒川が3位、村主が4位と好位置に付けていて、期待が出来るようです。村主はスポーツマンらしくないおっとりとした表情ですが、感情を表に出した演技が面白いです。荒川静香は、日本人には珍しいナイスバディで、アチラでも人気があるようです。

 あの、スノー・ボードのクロスというんですか、スピードを競う競技であんなダブダブのウェアで滑るのは如何なもんですかね。あれがカッコイイんでしょうが、スピードを競うんなら、スキーのアルペンのようにもう少しタイトなものに変えないと、ねぇ?
 ま、まだあの辺に未熟というか、競技そのものが発展途上という感じがしますね。数年後には、モーグル系と違うウェアになっていくと思いますね。

|
|

« ご無沙汰 | トップページ | オリンピック終盤 »

コメント

あー 通りすがりのオヤジボーダーです。
たぶん貴方より年上です。スキーを30年、スノーボードを15年やり続けてます。
この記事を見て一言アドバイスをば。
ボーダークロスはスピードを競う競技ではありません。順番を競う競技です。そこの違いは大きいのでお間違いなく。順番を競うということはどういうことかというと障害物レースのようなコースを相手と格闘しながら、時には相手を跳ね飛ばしても1番で入れば勝ち・・・というレースです。したがってぶっ飛ぶはすっ転ぶはで怪我が絶えません。したがって、選手達の多くはあの下にガンダムのような、あるいは昔のアルペンのSLのようなプロテクターをつけているのです。だから、レーシングスーツなど問題外なのです。かっこいいだけではオリンピックではメダルは取れません。それは、スノーボードの世界だろうとスキーだろうと同じです。
ちなみに、ボードのタイムレースはパラレルスラロームというものがあり、あれはレーシングスーツを着て滑る傾向にあります。スノーボードが新しいスポーツだからと言って未熟だとバカにすることは、今ではとんでもない世間知らずと言われます。
スキーだってどんどん道具や競技スタイルが進歩し変化しているのです。もうそろそろスノーボードをバカにする見方しかできない偏見オールドスキーヤーの頭を切り替えてみませんか?もう少し柔軟になってスポーツ競技を楽しんでください。

投稿: もぐら | 2006年3月26日 (日) 02時05分

実は、これを書いた後、パラレルの競技を見て、こっちがスピードを競うヤツだったんだって気付いたのでした。
でも、クロスについては、どういう競技だったのかは未消化のままでしたので、詳しい情報ありがとうございました。

投稿: 十瑠 | 2006年3月26日 (日) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/8803462

この記事へのトラックバック一覧です: スノー・ボードって・・・:

« ご無沙汰 | トップページ | オリンピック終盤 »