« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

オリンピック終わりました

 個人的には盛り上がらなかったオリンピックですが、余計に荒川の金が目立ったトリノ大会でした。選手の数よりも多いスタッフ、関係者を連れていって、メダルが金1個では・・・と、ブーイングが出ているようだ。当地の食事が日本人にとっては酷いものだったようで、成績不振にはその辺も関係があるのではとの声も。それなら料理人を連れて行けと言いたくなる。

 フィギアでは、アメリカのペア代表としてカム・バックした井上怜奈の話が当初は盛り上がっていたのに、5位で終わっちゃったものだから、いつの間にか霧のように消えちゃいましたな。アメリカのチャンピオンとしてやって来た割には、相方のジョン・ボールドウィンのスケートは素人目にも落ち着きのない感じで、風格がなかったなあ。

 ネットでは、安藤美姫へのブーイングが盛り上がり、TVでは村主と荒川の関係を取りあげた番組が今日は目立った。一見すると、マイペースの荒川、気を使う村主というイメージだったが、どうやらマイペースは村主の方で、荒川はざっくばらんな性格の様だ。安藤からは『シーちゃん』と呼ばれて慕われているらしい。
 来月のカルガリーの国際試合には荒川もエントリーしているが、出場するかは微妙で、彼女の将来の希望はスポーツキャスターとプロスケーターの2足のわらじとのことだ。頭良さそうだから、キャスターも成功するだろうネ。

 村主、アルペンの佐々木はバンクーバーを目指すとのこと。上村愛子、岡崎朋美はどうすんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月24日 (金)

オリンピック終盤

 “イナバウアー”
 荒川静香の得意技だが、新しい得点方式では加点されないらしい。日本選手権では封印したが、その後、新しいコーチが復活を提案し、今回のトリノでも披露することになったらしい。4分の演技時間の消化にはこれが必要だったし、コーチは静香のイナバウアーは『誰よりも美しい。』と言って勧めたらしい。得点にならないのなら、これからはヤル人も居なくなっちゃうんだろうなあ。

 あっと、書き忘れるところでした。荒川静香が金メダルを獲りました。2位がサーシャ・コーエン(USA)、銅メダルがイリナ・スルツカヤ(ロシア)でした。村主章枝は4位だった。

 今朝、今回のオリンピックで初めてLIVEで観た種目が女子フィギアで、最初の日本のメダル獲得シーンでした。バンザーイ!!

 今回の五輪で湧いたのは、もう一つカーリングがありましたな。
 北海道の常呂町は、カーリングの主要選手の出身地ということで、町おこしの為にカーリング場まであるらしい。
 TVゲームのカーリングをもっていますが、アレはゲームでも面白いですよ。実際のはずっと難しいルールもあって奥が深いようですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年2月23日 (木)

スノー・ボードって・・・

 “日記”みたいなモノの替わりに始めたブログなのに、1週間に1回くらいの投稿じゃ替わりになりませんな。最近は、映画を観る時間を作るのさえ難しい状況で、更には映画のブログの投稿を止めたくないのでソチラに時間を割いてしまっているので、“独り言”は・・・って、これが独り言のようですな。

 トリノは相変わらず未だに1個のメダルも獲れていないようです。女子のフィギアが明朝早くあるようで、コレはショートプログラムで荒川が3位、村主が4位と好位置に付けていて、期待が出来るようです。村主はスポーツマンらしくないおっとりとした表情ですが、感情を表に出した演技が面白いです。荒川静香は、日本人には珍しいナイスバディで、アチラでも人気があるようです。

 あの、スノー・ボードのクロスというんですか、スピードを競う競技であんなダブダブのウェアで滑るのは如何なもんですかね。あれがカッコイイんでしょうが、スピードを競うんなら、スキーのアルペンのようにもう少しタイトなものに変えないと、ねぇ?
 ま、まだあの辺に未熟というか、競技そのものが発展途上という感じがしますね。数年後には、モーグル系と違うウェアになっていくと思いますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年2月16日 (木)

ご無沙汰

 忙しくて独り言も言えない日々がもう半月もあったなんて・・・。
 さて、この間色々ありましたな。

 国会で皇族典範改正法案が審議されて、そのまま通過のはずが、秋篠宮紀子様ご懐妊でお流れの方向へ。
 第3子が男性だとしても、その先に同じような問題は起こるのだから、何らかの改正は必要なのだろうけど、今回の改正法案には否定論もだいぶあったみたいだから、その辺で神様が待ったをかけたのかな?

 トリノ・オリンピックが始まっております。
 女子モーグルでは上村愛子が5位。大舞台で強い里谷も今回はダメでした。スノーボードもメダル無しで、ジャンプもノーマルヒルではメダル無し。

 原田雅彦は、体重が200グラム不足していて失格となった。この件は、コメンテーターによって意見が2分した。スタッフなりコーチがしっかりしてない、という人もいれば、その辺の管理は選手の問題というのが世界的な考えかただろうから外国人のコーチを責められないという人もいた。
 世界選手権に出なかった原田に、その辺のルール改正の対応の経験が不足していたということらしい。
 <体重÷身長の二乗>を元にした指数があるらしいんだが、原田の場合は、身長に関する個人の認識と公式な発表とのズレが今回の体重不足の原因らしい。
 今回は、ラージヒルに急遽参加することになるらしいが、汚名挽回して欲しいものである。

 更には、男子スピードスケートでも、世界記録保持者の加藤がまさかのメダル無し。直前の組に転倒のアクシデントがあり、氷の補修に時間をとられ、精神的な影響があったと見られている。21歳。経験不足か。
 清水も復活はなりませんでしたな。
 岡崎朋美は、惜しい4位。100分の5秒差だったらしい。時間はそんな一瞬の事なんだが、距離にすると65センチらしい。2回分の合計だから、1回当たり30センチということか。距離で言われると、やっぱり差があったなと私なんかは思うんだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 1日 (水)

再生カートリッジ禁止・・・

 書きたいことが溜まってきたのに、時間がない!一言だけ。
 今朝の西日本新聞の一面で、キャノンのプリンターのカートリッジ再生利用している業者に対して行ったキャノンの特許侵害の裁判について報じていた。判決は、原告勝訴。
 一審ではキャノン側の請求を棄却していたらしい。さて、被告の「リサイクル・アシスト」は控訴するか?

 実は、私も再生トナーを使ってるんですよね。この裁判の被告の会社じゃないけど。このまま、キャノンが勝っていくと、今後は再生カートリッジも高くなるんでしょうなぁ。半値以下だから、ありがたかったけど・・・・。
 最近は、pdfファイルなんかで書類も配布できるから、あんまりプリンターも使わなくなった。けど、やっぱり使わないにことはない。ちょっと気になる記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »