« 骨盤体操でダイエットetc・・・ | トップページ | 純ちゃんの矛盾 »

2005年9月20日 (火)

接客業もここまで落ちたか・・・

 昨日は敬老の日ということで、近所に住む女房の両親と子供たちと6人で外食をしました。TUTAYAの近くの、畳の個室もある料亭のような居酒屋。リーズナブルな値段なので家族連れも多く来る店で、久しぶりに来てみたら、以前は気がつかなかった事に驚いた。

 食べ物の注文は店の女の子が聞きに来るが、部屋にブザーがあるので、追加注文も気楽に出来る。
 驚いたのは、注文を聞きにきた、或いは食べ物を運んできた女の子、昔風に言えば女給さん(旧すぎますか?)ですな。この娘さん達が、部屋を出る時に扉を完全に閉めないんですよ。エッ!と思いましたね。
 最初は、あわてて閉め忘れたのかなと思っていたら、次の時もその次の時も、手の指を広げたくらい残してそのまま店の方へ帰って行くんです。ちょっと前なら考えられないことですよね。

 旅館じゃないから、わざわざ膝をついてまで閉めろとはいいませんが、わざわざ個室に入ってるお客さんがいるのに、扉を開けっ放しで出ていくってどういう感覚なんでしょう。入ってくる時には扉が閉まっていることに気付くでしょうに。家でもそうなんでしょうか。

 これは、社員教育もなってないですが、この女の子の感覚にも呆れました。注文を聞いたりする時は普通の娘さんに見えたんですけどねぇ。
 料理を持ってきたのは一人じゃないんですが、開け放しの酷いこの娘さん以外にも、もう一人完全に締め切らない人もいました。ちなみに、男性の給仕さん(←これも旧いですか?)はきちんと締めてましたな。

|
|

« 骨盤体操でダイエットetc・・・ | トップページ | 純ちゃんの矛盾 »

コメント

んーっ!それは教育がなっていないと思いますね。
私だったら三回目くらいからはちゃんとと閉めていくようにって
言うとおもいます。

投稿: 酔うさん | 2005年9月21日 (水) 16時20分

普通そうですよね。
でも、何故かこの日は、「何か、お店側の理由があるのかな?」とか思ったり、理由が無いらしいと分かってからも、「次にこの若者達はどんなオカシナ事をしでかすのだろう?」なんて、観察するように見てました。

 家の娘もそうですが、最近の人は“がさつ”な人が多いですよね。

投稿: 十瑠 | 2005年9月21日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/6033051

この記事へのトラックバック一覧です: 接客業もここまで落ちたか・・・:

« 骨盤体操でダイエットetc・・・ | トップページ | 純ちゃんの矛盾 »