« PCでテキストを読む限界は、400字が目安 | トップページ | 夏休み、最後の夜 »

2005年8月29日 (月)

木を見ずに、森を見るだけでいいのか

 選挙前ということで、TVのワイドショーにも沢山の政治家の出てくる。国民の関心事は、①年金問題、②景気回復・・・、というのに、相変わらず、④~⑤番目あたりの“郵政民営化”問題が先に語られるのは、マスコミも民衆をバカにしているとしか思えない。

 そんな中、郵政に関していうと、自民も公明も郵政省の、というより郵便局の職員を減らすことについては「リストラ」「削減」、はては「切る」「削る」と、まるで将棋の駒を扱うような話し方をする。民主党も国家公務員の削減に関して話すときには、同じような言い方をする。

 いつの間に国会議員は、『国さえ良ければ国民はどうなってもいい。』などと公然と言うようになったのだろう。いや、そのようには言っていないが、中身はそういうことである。「切る」「削る」というのは人間の事であり、将棋の駒ではない。将棋の駒は切られても今度は相手が使ってくれるが、「切られた」人間はとりあえずは行くところはない。下手をすれば、ずーっとそのままだ。

 民間の事業者が会社を守るために人員削減をするのだって倫理が問われるのに、国民の代表の国会議員が、“景気回復”の前に失業者を増やす事を優先するってぇのは、いったいどうなのかねぇ

 これらは、今日のTV朝日お昼の「ワイドスクランブル」を見ていて感じたことだったんだが、国民新党の紺屋さんは、“景気回復”優先のような話をしていたので、私の中では(←あぁ、この言い方は嫌いだったのに)好感度UPでしたな。『景気が回復して、給料も上がれば年金の未払いもなくなる・・・etc。』な~んてね。

 それにしても、大企業優先、弱者置き去りは、北朝鮮の拉致被害者をいつまでも放ってる考え方と同じだな。選挙に使う750億円は税金だそうだが・・・。

|
|

« PCでテキストを読む限界は、400字が目安 | トップページ | 夏休み、最後の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/5695771

この記事へのトラックバック一覧です: 木を見ずに、森を見るだけでいいのか:

« PCでテキストを読む限界は、400字が目安 | トップページ | 夏休み、最後の夜 »