« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

木を見ずに、森を見るだけでいいのか

 選挙前ということで、TVのワイドショーにも沢山の政治家の出てくる。国民の関心事は、①年金問題、②景気回復・・・、というのに、相変わらず、④~⑤番目あたりの“郵政民営化”問題が先に語られるのは、マスコミも民衆をバカにしているとしか思えない。

 そんな中、郵政に関していうと、自民も公明も郵政省の、というより郵便局の職員を減らすことについては「リストラ」「削減」、はては「切る」「削る」と、まるで将棋の駒を扱うような話し方をする。民主党も国家公務員の削減に関して話すときには、同じような言い方をする。

 いつの間に国会議員は、『国さえ良ければ国民はどうなってもいい。』などと公然と言うようになったのだろう。いや、そのようには言っていないが、中身はそういうことである。「切る」「削る」というのは人間の事であり、将棋の駒ではない。将棋の駒は切られても今度は相手が使ってくれるが、「切られた」人間はとりあえずは行くところはない。下手をすれば、ずーっとそのままだ。

 民間の事業者が会社を守るために人員削減をするのだって倫理が問われるのに、国民の代表の国会議員が、“景気回復”の前に失業者を増やす事を優先するってぇのは、いったいどうなのかねぇ

 これらは、今日のTV朝日お昼の「ワイドスクランブル」を見ていて感じたことだったんだが、国民新党の紺屋さんは、“景気回復”優先のような話をしていたので、私の中では(←あぁ、この言い方は嫌いだったのに)好感度UPでしたな。『景気が回復して、給料も上がれば年金の未払いもなくなる・・・etc。』な~んてね。

 それにしても、大企業優先、弱者置き去りは、北朝鮮の拉致被害者をいつまでも放ってる考え方と同じだな。選挙に使う750億円は税金だそうだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年8月26日 (金)

PCでテキストを読む限界は、400字が目安

 Yahoo!ニュースによると、「400字以上」は苦痛、電子書籍を購入しない理由トップは「読みにくい」とのことだ。

 読みにくければ印刷すればいいじゃないかと思うが、やっぱり製本されてた方が持ち運びも便利だろうしなぁ。印刷もせいぜいB5までじゃないと、A4では大きすぎる。

 「読みにくい」というのは、直接携帯やPCで読むときの話だろう。確かにね。青空文庫に行ったことがあるが、1ページも読んだためしはないもんな。

 だけど、今書いているブログや日記サイトで人気のあるものは400字以上ある。電子書籍になって売り出されているような文章だから400字で疲れるが、素人の文章なら1000字くらい読んでも平気ってことか・・・。

ハハッ! 多分そういうことだろう。

ま、読みやすい、読みにくいは、字数の問題だけではなかろうがネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年8月24日 (水)

騒音オバサン、またしても

 奈良に続いて、愛知県でも騒音オバサンが出てきた。コチラは、隣のアパートに向かって騒音を出す。朝の4時くらいから8時までガチャガチャやって、その後夕方からまた始めるようだ。昼間は住人も会社に出たりして少なくなるからだろうとレポーターは言ってた。
 ラジオは5台くらい持っていて、その内の1台はほとんど一日中、時間帯と内容によって複数台が同時にがなりたてるとのこと。
 アパートのある妊婦さんは、お腹の赤ん坊のことを考えて実家に戻っていた。

 奈良の河原オバンは旦那さんがいたようだが、こちらは子供がいなくて旦那さんにも先立たれている。河原は60代だったと思うが、愛知県の方は70代だった。

 河原オバンは、道路を隔てた向かいの家がとりあえずの対象だったようだが、今回のオバサンは、ご主人が亡くなった頃に隣に建ったアパート全体に向かって騒音を出しているようだ。どうやら、旦那の死んだ原因の一つがそのアパートが建った事だと思っているようだ。
 アパートの方から臭い匂いがするとか言っているが、取材したマスコミが計測してみると何のニオイの反応もしない。それを言うと、『あっ、もうニオイが無くなった。』などと言う始末だ。
 そんな状態が10年以上続いているという。アパートとオバサン宅の境には防音壁が作られているが、オバサンはこの鋼製の防音壁をフライパンやゴルフ・クラブで叩いて嫌がらせをしているのだ。

 警察が来て、騒音を出さないという誓約書を書かせようとすると拒否する。警察が来た翌日は騒音を出さなかったらしいが、翌日はまた朝からやりだした。雨の日も雪の日も、1年365日続けているそうだ。

 近所迷惑騒動でよく出てくるゴミ屋敷もオジサンよりオバサンが多い。騒音オジサンというのもあんまり聞かないから、この手の迷惑人間には女の人が多いようだ。
 今回の愛知県の人を見ていると、一人ぼっちの子供が誰かに相手をして欲しくて駄々をこねているようにも見える。
 TVのコメントは警察やら行政の責任を云々言うのが多いが、彼女たちの年齢などを考えると、ホルモンバランスの崩れなど、身体的な失調も影響していると思われるので、その辺の医学的な見地からの対処方法を考えた方が良いと思うんだがなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年8月23日 (火)

選挙のこと、よ~く考えてみよう!

 ワイドショーは、「郵政民営化、賛成か反対か」という政府のバカのひとつ覚えを、繰り返し垂れ流しているが、無知な私はあちこちのwebページを覗いては真の情報を入れております。

 面白かったページを紹介しましょう。

 「棄権がこうもり政党を支えている~公明党
 元々は映画のブログの繋がりでお邪魔するようになった、chaotzuさんのブログ「マイ・ラスト・ソング」の8月21日の記事だ。
 親戚にもご近所にも創価学会の関係者がいて、直接批判したことは勿論ないが、<小渕内閣当時の商品券=地域振興券7000億円バラマキ>の頃から、あきれた政党であることはハッキリしていた。確か、一所帯2万円でしたかな? 馬鹿げた事でした。
 イカン崎も胡散臭いが、銀縁メガネをかけた浜四津女史も、内面がはかりにくい人という印象がある。一応この党のHPをお知らせしときます。

 さて、このセイ党が解散前に出したといわれる「人権擁護法案」。この中身については15日の記事にも紹介した、二階堂ドットコム今日付けの記事を読まれたい。今回の郵政法案に反対し、自民党から離党勧告をされているらしい平沼赳夫 元経済産業大臣のある人へのメールが公開されている。(平沼赳夫オフィシャルページ
 「人権擁護法案」の名前とは全く反対の、(日本人の)人権破壊法ともいうべき内容は、先日の桜井よしこ女史の話を裏付けるものだった。

 同じく、郵政法案に反対した堀内光雄 前衆議院議員のオフィシャルページの7月11日付のコラム、“「鹿を逐う者は山を見ず」―郵政民営化法案は、優先順位のトップではない”を読むと、彼等が反対した理由の一端がうかがえる。

 ちょっと前ですが、仙台にお住まいのTAROさんのブログ、「TARO'S CAFE」の6月28日の記事、「インターネットは実名で?」を、先の“人権破壊法”と併せて考えると、現在の政府がとても危険な状態にあるような気がするのは私だけでしょうか?

 うっかり発言の多かった武部さん、最近は郵政民営化を唱えるだけだから失言も影を潜めたようですが、その発言を含めて全てがウッカリさんになってないのかな。 自分のやっていることの危険度が認識できていないような気がしますよ。

 田中さんや鈴木さん。色んな党が出来て、それぞれに報道陣が行くので、自民党の露出パーセントが下がるのはいいことですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年8月18日 (木)

夏の終わり

 夏の終わりというにはちと早すぎるが、夕方、外を歩いているとツクツクホウシが鳴き始めたのに気付いた。
 歩きながら、西陽をうけてほの紅くなっている東の方の雲を見ていたら、昔読んだ詩の一節が浮かんできた。

 <お~い、雲よ。何処に行くんだ、ずっと遠くの方まで行くんかぁ。>

 ちょっと字足らずだなあと思ってネットで調べたら、

おうい雲よ
 ゆうゆうと
 馬鹿にのんきそうぢやないか
 どこまでゆくんだ
 ずつと磐城平(いわきたひら)の方までゆくんか

 1924年(大正13年)に亡くなった、群馬県出身の詩人でクリスチャン、山村暮鳥の最後の詩集「」の一文だった。

 それにしても、最近は雲を見ていると、特に積乱雲を見ているとジブリの映画を思い出しますな。“トトロ”だったり“ラピュタ”だったり・・・。

 11日に「素晴らしき哉、人生! 」を見て以来、1週間も映画を見ていないので少し禁断症状が出てきたようです。
 そういえば、今日はロバート・レッドフォードの誕生日でしたな。確か1937年生まれだから、もう(ひぇーっ)68歳!
 「スパイ・ゲーム」が2001年だから、64歳の時だ。何を食えばあんなに若々しくいられるんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年8月15日 (月)

政局の裏

 民主党の発言の中に、『小泉首相の郵政民営化法案で、官へ流れる金の流れを断ち切るというのはまやかしである。数年前の改革により、郵貯から直接官へ流れるルートは途中に政府が入ることで切られている。現在、官へ流れているのは、政府が流しているのである。』というのが気になっていた。

 この問題の答えが二階堂ドットコムの8月12日の記事だ。続いて15日の分も読まれたらいい。

 日曜日のフジテレビ「報道2001」で、石原慎太郎氏が今回の解散については『小泉君の私怨が入っている。』というようなことを言っていた。前回記事の、おじいちゃんの時代からの話が嘘ではなかったということだ。

 又、この番組のゲスト桜井よしこ氏は、人権擁護法案を提出した古賀誠が郵政法案には棄権をした為次期選挙には自民党の公認が得られるだろうことと、この危険な法案(注:人権擁護法の事)に反対した、拉致議連会長の平沼赳夫が郵政法案に反対したため自民党で出られないことを例に挙げて、郵政法案是か非かだけで選挙が行われることの危険性を論じていた。
 こんな単純な選択肢でもって代議士が選べるか!と冷静に考えれば分かるんだが、今のところ、世論調査では小泉自民の支持率は上がっているようである。

 小泉が刺客の一人として挙げている女性が、現在財務省の防衛予算担当の片山さつき主計官だそうだ。元桝添要一の奥さんらしい。通常兵器の削減などというとんでもない事をやらかしていると勝谷誠彦氏は怒っているようだ。

 さてさて、小泉さんのケンカは分かり易いけど、政治は私怨が入っているようなので、そこを見逃すととんでもない目にあうのは我々国民であることを忘れないようにしなくちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005年8月12日 (金)

小泉の未来予想図

 ちょっと前から、右肩が痛み出したと思ったら、どうもマウスを左クリックする度に痛むようで、段々二の腕の方まで痛みが走ってきていた。
 久しぶりに夕方の散歩に出かけたが、この前はいつだったんだろう? 夕立が続いたりしたのが(出かけなくなった)きっかけではないかと思うが、今夕のウォーキングで上半身のストレッチもしたので、幾分痛みが退いたようだ。年はとりたくないね。

 9.11に選挙らしいが、今までよく分からなかった“郵政民営化”の法案の中身がこれから色々と話題になっていくのだろう。
 『民営化には賛成だが、この法案は不備があるから反対だ。』という反対意見が気になっていたので、今日の昼の「ワイドスクランブル」にも出ていたが、竹中“柔ちゃん”大臣の話はこれからちゃんと聞かなければと思っている。

 元とび職の刺青(逓信)大臣だった、小泉のおじいちゃんの地盤を父親から引き継いだはずなのに、最初の選挙に郵便局関係者の支援が得られなかった事や、師匠と仰ぐ福田元総理が角福戦争で郵政族の票を集めた田中派に負けたこと。そして、かつて郵政大臣をやったときに省内の役人から冷たくされたことなど、小泉が郵政省に恨み骨髄であることを面白可笑しくワイドショーが作っていた。
 小泉は昔から変人であったが、それは政治家として変人だっただけで、学生時代はほとんど敵を作らない真面目な人間だったようだ。父親の急逝でサラリーマンをせずに若くして政治家になった。福田元総理の書生をしながら、田中角栄とは正反対の政治姿勢を尊敬していたらしい。

 小泉研究をしている作家が言っていた。群れない政治家というのも珍しいが、歴代の首相とは違って、後継者の育成にも無頓着である。派閥の領袖にも興味は無いので、引退後は政治とは全く無関係の立場になるのではないかとの事である。
 つかみ合いのケンカはしたことも無いはずだが、気持ちとしては今回の件についても、<差し違えてでも>初志を貫こうとするだろう、とのことである。

 解散が発表されたときにはどうなることかと、暗澹たる気持ちになったが、今は小泉勝利の匂いがしてきている。民主党がいつのまにか、“もう一つの旧い自民党”に見えてきた。

 小泉勝利の後、郵政民営化法案が衆院を通り、自分の首を賭けて参院を通す。通った後にある程度道筋が出来たら、消費税アップの前に退陣する。これが、小泉の未来予想図ではないか・・・・なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005年8月 3日 (水)

8月は暑い、って当たり前か・・・

 「勝谷誠彦の××な日々。」の8月1日の日記タイトルは、<A級戦犯とは何かを知らずして支那朝鮮に反論できぬ>。
 最新(9月)号の『WiLL』に「東條英機宣誓供述書」という記事が載っているらしい。A級戦犯とされている、当時の総理大臣、東條英機が巣鴨拘置所の中で書いたモノで、この戦争を開始するに至る経緯などが記されているらしい。これは読まねば。

 先日のサッカー、アジア選手権は男女共、北朝鮮に破れましたな。女子は元々FIFAランキングで日本の方が下位であるし、どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思いますが、男子の方はイカンですな。失点のシーンも、きちんと自ゴール前のボールを処理していればいいものを、気の抜けたようなプレーでみすみす敵にパスしてしまった。まるで、オウンゴールのようでしたな。
 何だったんでしょうか? 油断? 結局、0-1のまま終了してしまった。
 勝ち負けは、終わったからどうでもいいけど、あのプレーはつまらんかったなあ。

 野茂はヤンキースに拾われたけど、高津は行き先が決まらないみたいだ。登板準備にかける時間などが日本とは違うと高津は言っていたから、ベンチの使い方次第だと思うけどなあ。日本に帰るか・・・。

 貴乃花、今度はだんまりを決め込んでいるらしい。しかも、場所後は部屋に寝泊まりするとのこと。但し、おかみさんは通いだ。子供には相撲をやらせたくないらしく、親方だけ相撲部屋に来るということだ。『亭主元気で留守がいい』ってわけですな。オヤジは、週末だけ妻子の居る自宅に帰る。
 こりゃあ、親父夫婦より早めに冷たい風が吹きそうですな。

| | コメント (1) | トラックバック (3)
|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »