« 日照りが続く、すでに真夏の福岡であります。 | トップページ | 全米女子ゴルフの結果 »

2005年6月26日 (日)

ビジュアル系女子スポーツの嵐

 今朝の全米女子オープンゴルフ、見ました。藍ちゃんは予選落ちして、日本人で残ったのは肥後かおりだけ。ま、それも後ろから数えた方が早いランクで、最終日も期待は出来んでしょうが、明日も楽しみは多いです。
 三日目を終わって同スコアでトップに並んでいるのが、二人のアマチュアプレーヤーと一人のプロ選手、そして三人ともティーンエイジャーなのだ。この三人の内、誰が優勝しても、10代の選手の優勝は初めてのことらしい。ここ10年トップを走り続けて、今期もメジャー2勝のソレンスタムも16位とはいえ、首位とは5打しか差はないのだから、逆転の可能性は大いにある。明日、朝の5時からの放送は見のがせんですな。

 話題はなんと言ってもミシェル・ウィーですな。中国系かなと思っていたら、ネットでハワイ出身と分かった。183センチの身長は、シャラポアと一緒。小さな顔も一緒ですな。ポカンと開いた口が可愛らしいが、時々キリッと結んだ顔は、15歳とは思えない意志の強さを感じる。
 昨年も首位と11打差ではあったが、13位でホールアウトした。この時は勿論14歳。
 TVでゲストでしゃべっていた東尾理子が羨ましがっていた、飛距離が素晴らしい。18番ホールのティーショットは、フェアウェイウッドで280ヤードは飛ばしていたようだ。細いようで、太股あたりを見ると、しっかりしてるようにも見える。
 ホールアウト後、東尾がインタビューしていたが、声は15歳の少女の声でありました。

 それと、夜の女子バレーボール。
 昔、“東洋の魔女”などと呼ばれていた頃から、このバレーボールにはあんまりビジュアル系の女性は見かけなかったと記憶しているが、最近は違いますな。“メグかな”が居なくても、新しい選手が同じくらい可愛らしい。今夜は勝ったかなと思いましたがねぇ。2セット獲って、その後3セット獲られる。これは悔しいでしょうなぁ。
 バレーボールには無性に燃えるという女房が風呂上がりの私に、第5セット18-20で負けたことを教えてくれました。残念!

|
|

« 日照りが続く、すでに真夏の福岡であります。 | トップページ | 全米女子ゴルフの結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/4721436

この記事へのトラックバック一覧です: ビジュアル系女子スポーツの嵐:

« 日照りが続く、すでに真夏の福岡であります。 | トップページ | 全米女子ゴルフの結果 »