« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月29日 (日)

砂塵舞う運動会。フタを持って弁当を食う。

 今日は息子の運動会。で、朝の6時半から自治会のテント張りに借り出された。快晴の上に風が吹いていたので砂塵が舞ったのが難儀したが、無事に終わりました。

 昨日のTV「世界一受けたい授業」を少し観ましたが、面白かったですな。
 歴史について、10年、20年前に学校で習ったことが今は通用しないらしい。1192年の鎌倉幕府の始まりも、今は1185年説に移行しつつあるらしいし、源頼朝足利尊氏の肖像画とされていたものが全然別の人間だったという説が強くなってきていて、教科書にも肖像画としては掲載していないらしい。鎖国についても、事実とは違っていて、長崎の出島以外にも貿易はやっていたという説が出てきている。幕府が“鎖国”をやっているというのが民衆に知らしめられるのは幕末近くであって、江戸時代、幕府がキリスト教が入ってくるのをいやがっていたり、貿易を独占しようとしていたのは事実だが、さりとて鎖国政策というようなモノはなかった、というのが今の歴史認識らしい。
 前から気になっていた番組なんだが、面白そうだな。秋山仁さんの授業に出てきた黄金比については知っていたけどね。

 女子ゴルフの話。藍ちゃんらの<へそ出しルック>にイチャモンがつけられたとかなんとか。出る杭を打つ梅干しババア連が出てきたかと思ったが、ちょいと別の考えがよぎった。全く想像の代物なんだが、例えば藍ちゃんのへそ出しが、打った後のフィニッシュ時に『へそが打った方向を向いているか』を確認するためにやっているとしたら、そしてそれを誰かに迂闊に漏らしていたら、彼女のスウィングを乱そうとして、『お行儀が悪いですわよ』と別の方角から攻めようとしているなんて事はないだろうか。

 最近の歌は難しい。昔はTVの歌番組で聴いていて覚えられたもんだが、最近の歌はそれだけじゃ全然覚えられませんな。さびの所は覚えられても途中が全然ダメ、っていう歌がもの凄く多い。
 「エール」という歌が好きだったコブクロ。最近出したTV番組の主題歌も久々にヒットしているようだが、どちらも聴いているだけでは覚えられそうにない。いい歌だなあと思うんだが覚えられない。なんなんでしょう。
 やはり、メロディーは難しくなっているんでしょうか。盗作といわれないために色々と工夫したりしている内に、覚えにくいメロディーになっているのではないかと考えていますが、それとも、コチラが年のせいでついていけないだけなのでしょうか。そうは思いたくないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月27日 (金)

75歳の老人には見えないぞ、イーストウッド!

 人間、嘘をついているときの脳は普段よりも活性化しているらしい。ボケ防止にはウソをつくのがいい、というのは言い過ぎとしても、ウソを冗談と考えれば、他人をからかうくらいの頭を働かす方がいいということだろう。作家なんてのも、机上のウソをついているわけだから、長生きするわけだ。ウソをついているんだと考えたら、作家というのも面白い仕事だなあ。勿論、ノンフィクションは違うが。
 但し、うそか真実か自分でも分からなくなるってのは、これは脳は活性化してないだろうね。

 子供の好きなTVアニメにポケモンというのがある。欧米でも人気らしいが、夕食時に一緒に見ていても、何が面白いのか分からないし、アレって教育上というか精神衛生上問題ないのかね。
 ポケモントレーナーを目指すという子供が主人公で、トレーニングして何をさせるかというと、ファイトつまりケンカですな。トレーナーは全然傷つかず、一つのポケモンがやられたらモンスターボールから次のモンスターを出す。あれこれ指示を出すが、モンスターがどうやられようがトレーナーは傷つかない。昔のアニメは、というか今でも主人公が汗と涙を流して戦うモノが普通だろうから、まことに怪しげなアニメだと思っているんだが・・・。

 昨日は、映画「ミリオンダラー・ベイビー」のプロモーションで、主役のヒラリー・スワンクモーガン・フリーマンがあちこちのTVに出ていた。フリーマンはスクリーンと変わらないフランクさで好印象。ヒラリーは、まだ出演映画を見たことがないのでなんともいいようがないが、気さくな感じではあったな。
 この映画「ロッキー」の女性版ではないとのこと。もう少し重いテーマがラストに浮かび上がるらしいが、東森(=イーストウッド)さん、前作のようにカタルシスのない作品じゃないでしょうな。感動のラストという表現をしているレビューも読んだので、意外に東森さんの代表作になるかも知れない、なんて事も思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年5月25日 (水)

茄子の肉巻きは私の大好物。

 昨日、殿堂入りしたゴルファーは岡本綾子が2人目らしいと書いたが、どうやら3人目らしい。樋口久子が2人目だったような気がする。樋口が奥さんだった松井功は青木とも盟友だったから、松井は殿堂入りゴルファーの二人と関係があったんだねえ(←だからどうした?)。最近松井さんの解説が聴けないけど元気にしてるのかな。

 『何にする?』と久しぶりに聞かれて何も思いつかなかったんだが、夕べは茄子の肉巻きが出てきました。いつもながら、美味でありました。茄子関係は、我が家では親しか食わんですな。それもこのオヤジの方がほとんど食べます。夕べのも90%は私が食べました。
 茄子は漬け物にしてもみそ汁に入れても好きなんですが、子供は食べませんなあ。あれは、亜鉛が入っていて味覚を正常に保つのに有効なはずなんですが、ああいうものを食べないから子供たちの好き嫌いが直らないんでしょうな。

 先日の少女監禁事件で、最初に捕まった青森の“監禁王子”は、<綾瀬>でやってましたな。綾瀬といえば、例の女子高生コンクリート詰め殺人事件のあった場所。ニュースを聞いたとき、『また綾瀬か』と思いました。綾瀬の人はイヤだろうけど・・・。
 似たような輩がまだ日本には、ウジャウジャいそうで気味悪いなと思っていたら、次から次と出てきましたな。こんな奴らが何故できたのか、もう少し考えんといかんですな。

 犬を連れて散歩をしている人をたくさん見ていて思った。こんなに動物好きな人が増えたんだから、もっと昔みたいに動物を主役にしたドラマが出来ても良さそうなのにと。
 私らの子供頃は「名犬ラッシー」ですな。それに「名犬リンチンチン」。特に“ラッシー”は好きだった。お母さんをやってたのは「宇宙家族ロビンソン」にも出ていた、ジューン・ロックハートだったと思う。坊やもお母さんも何回か変わったと思うけど、ロックハートのお母さんは印象が強い。
 あと、イルカが主役の「わんぱくフリッパー」。これもよく見ていた。改めて作るのが面倒なら、再放送でもいいんだけどね。ちょっぴり、そんな思いがした昨日のウォーキングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月24日 (火)

代理母は不道徳か?最高裁まで行くのか?

 ヤンキース松井の活躍がめざましい。打率こそ低いが打点が多い。チャンスに打ててる。不動の4番打者になりつつある。記録のイチロー、記憶の松井というが、やっぱチャンスに打てる打者は見ていて楽しいな。それにしても、イチローの最速1000本安打記録は難しい状況になったみたいだな。数日前には試算が出ていたが、今日のネットでは見かけない。マスコミもあきらめたか。
 メッツの松井は、首痛でベンチ入りはしたものの、グランドに出なかった。一時の期待から遠い存在になりつつある。NYから離れて、別のチームに行った方がいいんじゃないかな。ファンのブーイングがプレッシャーになっているんじゃないか、なんて思う今日この頃です。完全に井口のほうに打者3番目の興味は移りつつある。

 岡本綾子がゴルフの殿堂入りしたニュースが、ちょっと前に流れた。日本人では青木に続いて二人目らしい。どちらもB型。B型人間としてうれしい限りだが、草野仁の青木へのインタビュー番組も面白かった。外国人に物怖じしないだけではなく、冷静に相手を認識する考え方が面白かった。

 向井亜紀の裁判で、高裁の判決は家裁での「実子認定却下」を指示した。「公序良俗に反する」のが理由とのこと。代理出産がいかんらしい。試験管ベビーは良くて代理母はダメと言うことらしい。
 依頼する側ではなく、代理母の方が「公序良俗に反する」ということなんだろうが、別に性行為をするわけじゃなし、試験ベビーと実施意図は同じなんだから、あっちは良くてこっちは悪いというのは、いまいち説得力がないと感じるんだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月23日 (月)

人気の女子ゴルフは、やっぱり面白れえや。

 昨日の女子ゴルフは面白かった。初日からトップに立っていたアマチェアの諸見里しのぶ(18)が、そのまま優勝すると面白いなと思っていたんだが、TV放送が流れる頃には3位くらいに後退していた。出だしからボギーだったらしい。残念!

 終盤の3者の攻防が特に面白かった。
 途中から首位に立っていたニッキー・キャンベル(オーストラリア)が、17番あたりからティーショットが狂い始めて、このホールはなんとかリカバリーしたが、最終ホールでボギーになった。サングラスで表情は見えなかったけど、やっぱ緊張したんでしょうなあ。日本での優勝はまだなかったらしい。グラサンとると可愛らしい顔だった。

 しのぶちゃんも17、18と惜しいバーディーパットがあって、最後は泣き出してしまった。名前からして、彼女も沖縄の子でしょうか。藍ちゃんのライバルがまた一人出てきましたな。

 それにしても藍ちゃんの終盤の追い上げは劇的でしたな。シナリオがあったかのように、最終18番ホールでバーディーをとって、2打差のキャンベルに追いついた。キャンベルがボギーにならなきゃ、プレーオフもなかったんだが・・・。

 プレーオフは18番だから、最初から宮里有利で、安心してみていましたな。2週連続優勝か。また、沖縄に高額納税しちゃうのね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005年5月21日 (土)

何にする?  できるものを先に言え。

 NHK「ファイト」は何処に行くんでしょうか?優ちゃんは高校を辞めて旅館の仲居になるとか・・・。オイ!馬の話は何時になったら進むんだ?それとも、馬は関係ないのか?
 最近は、観るのを忘れてしまうこともあるなあ。

 ちょっと前にTVで流れた川柳が忘れられない。食事時になるとつい思い出してしまう。
 < 何にする?  できるものを先に言え。>
 家の女房にこの話をすると笑ってましたな。いつも私に言われてるますから。やはり、同じ様な夫婦がいるんでしょうな。

 気候がよくなってきて、TVでは相変わらずウォーキングの先生が出てきて話をしてます。一昨日、昨日と体調がいいので、インストラクターばりの勢いで歩いています。今夕も池の廻りだけでモノ足りず、川沿いも歩いてしまいました。ウォーキングでも、元気よく歩くと横っ腹が痛くなるときもありますな。
 一昨日、ウォーキングの帰り際にビデオ屋さんに寄ったら、映画の中古が240円/本で売っていたので、いったん家に帰ってから千円札を握りしめて店に戻りました。
 「グラディエーター」「トラフィック」「恋に落ちたシェークスピア」の3本購入。有名な作品だが、未見だったモノ。ちょっと前に観た「ショコラ」も売っていたが、やっぱり一回観たのはなかなか観る気にならないのでやめた。さて、この3本も何時観られることやら・・・。

 今日は、メッツ対ヤンキースがありますなあ。どちらの松井も落ち込んでいたバッティングの調子が戻ってきているみたいなので楽しみなんだが、さて、今日は観れるかな?仕事がちょいと、詰まってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月14日 (土)

サンプラザ中野は、健康オタク。

 土曜のお昼に“メレンゲの気持ち”とか何とかいう番組があるが、家の女房は石ちゃんの顔を見るとホッとすると言いながら、毎週のように見ている。で、今日のゲストはサンプラザ中野と柴田倫代と脇なんとかという「ごくせん」に出ていた太った役者。
 サンプラザ中野は、♪ランナーや♪リゾラバ、なんかを唄っていた爆風スランプの、スキンヘッドでサングラスのリード・ボーカル。何年か前から健康オタクになって、本まで出しているらしい。一時81キロまであった体重が今では61キロとのこと。ダイエットのきっかけは、親父さんのガン発症かららしいが、本人のこのままではイカンという自覚もあったようだ。
 ダイエットのやり方は、西式(西先生が提唱している健康法)と言って、朝食を抜くヤツ。最近は実施率が下がっているが、昨年から私もやっている例のヤツだ。朝は排泄モードになっているから、食事は摂らない方がいいというもの。朝は、キャベツやセロリなどの緑黄色野菜とフルーツのジュースだけらしい。
 そういえば、夕べは別のTV番組に出ていた大橋巨泉も『15年間、朝食はジュースだけ』と言っていたなあ。
 サンプラザ中野はサプリメントにも詳しく、持参したモノの解説もしていた。ビタミンCについては、普通は水溶性なんだが、油にも溶けるタイプのサプリメントを持ってきていた。水溶性のはすぐに流れていって、なかなか身体に吸収されないが、油溶性(←こういう言葉があるかどうかは知らないが)だと、普通に吸収されるのでよいという事だ。
 西式。実施率をもう少し上げよう。

 夕べは、映画「エボリューション」をやってましたな。何年か前にレンタル店に並んでいたのを覚えている。にこちゃんマークのようなビデオジャケットだった。エイリアンが出てくる話だとは知っていたが、詳しい内容は知らないままだった。
 evolution=進化ということですな。途中から見たんだが、地球にやって来たエイリアンが、最初は地球の環境に合わずに死んで行くが、次世代のエイリアンが進化して地球の環境に適応し、更に“火”に触れることによって、爆発的に成長するという話。
 科学者たちは、「宇宙戦争」のように科学的な対処を求めていくが、軍人は現状の兵器によって対応しようとする。火炎放射器等で焼き尽くそうとして、かえってエイリアンの増殖を招いてしまうという、反軍事的な色彩も出していた。
 が、全体的にはCGを使った、半コメディスタイルのSF物。
 「Xファイル」の主演男優やら、「めぐりあう時間たち」のジュリアン・ムーアが出ていた。あと、ダン・エイクロイドも。これは、<MYデータベース>には入れなくてよいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005年5月13日 (金)

超能力。あればうれしい? 超能力。

 夕べの「アンビリバボー」。食後にぼんやり見ていたら、超能力者の話で面白かった。家族で見てしまった。
 このてのTV番組は話半分で見ることにしているが、今回のは結構マジっぽかった。
 ロシアの18歳の女の子。なんと、人間の身体が透けて見えるという能力。それで、身体の異常か所を指摘出来るというのだ。ロシアでは有名で、国内の色々な身体に異常を感じている人が、彼女の家に見てもらいにやって来ていた。X線の様に下着になるとかじゃなく、着装のままでも内蔵や骨が見えるらしい。しかも、白黒じゃなくカラーだそうだ。ちょっと気持ち悪い。

 10年前に突然自分の能力に気付いたとの事で、普段は普通の視力なんだが、集中をすると透視が出来るらしい。
 アメリカの超能力に懐疑的な団体が実験を行ったが、7人中4人までしか当たらなかったというので、超能力者ではないと判定された。今回の日本での実験では100%と言っていい的中率だった。アメリカのは7人を同時に観察するということで混乱したんじゃないかという意見が出ていた。

 サーモグラフィーによる観察では、透視中は通常の人間ではならないような、顔面の体温の上昇が見られた。更に、実験の過程で彼女が言うには、実際に面会しなくても、その人の写真があれば透視が出来るという。写真が上半身のモノであっても、全身の状態が透視できるとの事。
 これは、彼女からX線の様なモノが出るということではなく、FBIの超能力捜査官のように、神の脳、神のセンスをもっているということだろう

 顔を見ていたら、宇多田ひかるを思い出した。天才的な人ってのは似ているのかな?
 高校を主席で卒業。番組中にタレントが『こうなったらいいよなあ』とコメントしていた通り、大学は医学部に進むという。

 ワシにも突然湧いてくる超能力はないものかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月11日 (水)

昔のエッチ、今のエッチ。

 イラクで日本人の男性が拘束されているとのニュースが流れていますが、民間警備会社に軍隊以上の危険な仕事を任せているなんてのは、映画の中の話だけかと思ったら、現実なんですなあ。映画「ロボコップ」も、警察が民間会社の仕事になっていた。

 イラクは、宗派の争いがこれからも続いていきそうだから、あんまり首を突っ込むと泥沼にはまりますな。フセイン政権下で恩恵を被っていた宗派が、この戦争以後、冷や飯を食わされているからという理由のテロが多いらしい。よう考えたら、これらの宗派の争いをフセインがある意味抑えていたということなんだな。
 抑えていたといっても、ただ単にある一派に肩入れしていただけで、結局はなんの解決にもなっていなかったということなんだが・・・・。
 宗教というモノ、本当に厄介です。

 竹内結子ちゃんが結婚とのこと。しかも妊娠3ヶ月。
 NHK「あすか」は全部見ていて、可愛くてすぐにファンになったのに、あれよあれよという間に人気者になって、あっちの映画、こっちのテレビと出まくっていたと思ったら、とうとう、25歳で結婚ですか。松島菜々子と同じで、仕事は辞めないとのこと。
 ちょっと淋しいオヤジであります。

 それにしても、彼女のようなピュアな感じの女性まで、<出来ちゃった婚>となると、ますますHな情報が公にバンバン流れてしまいそうですな。
 TVで“H”、“エッチ”と言ってますが、昔はただ“スケベ”という形容詞的意味しかなかったのに、今じゃストレートにナニを表すように、動名詞的に使われている。
 なんだかなあ。
 『エッチって、言うな。使うな』と言いたくなるオヤジであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年5月 9日 (月)

新しいお出かけスペース。

 GW中に(福岡)空港の裏手の方にあるショッピングモール、ダイアモンド・シティに行ってきました。友達つき合いに忙しい娘の唯一の空白日ということで、家族四人でお出かけです。ネットで事前に場所等調べましたので、すんなり行けました。
 ジャスコやらワーナーのシネコンやらあって、この日は買い物だけでしたが、確かに女性陣は買い物、映画好きな旦那は映画鑑賞、なんて楽しみ方も出来そうですな。家からは30分もかからずに行けるし、同じことを天神でしようと思ったら、駐車料金で樋口一葉が飛んでいくだろうから、ウン、これは一考の価値有りですな。映画を見るだけでもいいかも。
 丁度昼飯時にもかかったので、レストラン・フロアーにも行きました。娘が天神に行くといつも食べてると言う、MIOMIO(=ピエトロ系列)に行きましたが、末っ子のチビが食べそうなモノがなかったので、隣の鉄板飯屋さんのモノをオヤジと息子は注文、女房も別の店でオムライスをとりました。結局、ミオミオは娘だけ注文したことになりましたな。

 ところで、JR西日本関連の記者会見を見てると、最近のマスコミの記者の物言いが少し変ですな。記者というより、刑事か検事が取り調べをしているような質問をしている。情報を探ろうという聞き方ではなく、相手のミスにつけ込むような、ミスを誘おうとするような聞き方で、聞いているコチラがイヤ~な気分になる。『そんなことは聞きたくないよっ!』と記者の方につっこみを入れたくなりますな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2005年5月 4日 (水)

JR西日本の風土は、日本の風土・・・ではないよなあ?

 またまたJR西日本関連で、今日のワイドショーでは、事故の電車に乗り合わせていながら死傷者の救護に当たらず、事故現場を立ち去ったJR西日本の運転士二人についての話題が各番組で取り上げられた。
 人間性の欠除とか崩壊とか、色々な悲惨な事件では言われるが、コレこそは、組織ぐるみで人間性の有無が疑われる事象でありますな。営業停止にも値するような事だと感じたんですが、そこまで言うコメンテーターはいませんでした。
 59歳と27歳。何が彼等をこのような人間にしてしまったのか?
 組織の風土としか言えないような気がするのですが・・・。恐ろしいことです。

 博多-新大阪の新幹線もJR西日本だが、この区間の工事で使われたコンクリートの砂には塩分が結構含まれていたと噂で聞いたことがある。トンネルの崩落事故が随分前にあったが、その後の補修はうまくいっているのだろうか。
 アメリカの事故調査委員会は、大統領直属の組織で、官庁に対しても意見を言う権限があるらしい。真のデモクラシーが見当たらない日本では、こんな組織は出来ないだろうなあ。

 4月の終わりから、暑い暑い福岡です。4月の末は、南の湿った風も吹いてきて、気温は30度近く。不快指数も76を記録したそうです。
 “雨のどんたく”と言われて久しいのに、今年は珍しく快晴のどんたくでした。南風も止んで、5月に入ってからは爽やかで気持ちのいい天気が続いております。Tシャツ一枚。まるで夏です。

 1日には息子と二人で映画を観に天神に出かけました。娘は色々と友達つき合いがあって、ほっといてもいいんですが、さすがに息子はそういうわけにも行かず、昨日は女房がばあちゃんと一緒に大分の水族館まで連れていってくれました。“うみたまご”とかいう所。電車で2時間ちょっとでいけるらしい。高崎山の猿たちにも会って、楽しかったようです。
 オヤジは仕事が、・・・・はかどったのか?

 NHK「ファイト」は、いよいよ優ちゃんがソフトボールをやめて、馬に話題が移っていくのでしょうか。旅館の仲居さんを始めたお母さんについていった僕ちゃん。旅館のご主人、児玉清師匠に切り絵を習っているんですが、確か児玉さんは実生活でも切り絵が趣味でしたな。
 新聞についてくるチラシで、充分色々な色のものが揃えられて、絵になると以前TVで語っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »