« 地震で復活したもの。 | トップページ | JR西日本。まるでアノ国のような・・・体質。 »

2005年4月26日 (火)

大惨事、福知山線の列車事故。

 昨日の朝から、尼崎の列車事故のことが気になって、テレビやネットを見てきた。ホントに酷い事故だ。列車の運行に詳しい大学教授の話によれば、スピードオーバーや置き石での脱線は発生しにくく、カーブ直前の急ブレーキが原因での車輪のせり上がりによる脱線が、可能性としては最も高いとのことだ。
 直前の駅でのオーバーランによる時間の遅れを取り戻そうと、途中の直線区間をスピードオーバーし、カーブ前の減速が遅れ、危機感をつのらせた運転士が急ブレーキをかけた。この図が一番怪しいと思うな。

 しかし、あの列車の潰れ様は尋常じゃない。しかも、入り込んだマンションの駐車場には車が何台かあって、ガソリンが漏れている可能性があるため、救助の為の火気器具が使えないという、まるでパニック映画のような状況だった。

 事故発生から丸一日以上経っているのに、未だに最初と二つ目の車両には十数人の人が残っているという。生存の可能性はない。

 飛行機や電車など、大量輸送機関の事故というのは、大事故になる可能性が高いんだが、この電車の運転士には、飛行機のパイロットのような、そういう意識は無かったんだろうな。580人の乗客があったというから、ジャンボ並みの人数だ。シートベルト無しで100キロのスピードで事故ったことになる。ゾッとする。

 運転士は亡くなっているんだろうが、どなたかが指摘したように、やはりJR西日本のシステム、会社の姿勢に問題有りと言わざるを得んですな。

|
|

« 地震で復活したもの。 | トップページ | JR西日本。まるでアノ国のような・・・体質。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82088/3869478

この記事へのトラックバック一覧です: 大惨事、福知山線の列車事故。:

« 地震で復活したもの。 | トップページ | JR西日本。まるでアノ国のような・・・体質。 »