2019年11月23日 (土)

古市憲寿を読む

 古市憲寿。

 何年か前からだがフジTVの「とくダネ!」のコメンテーターとして知った人物で、去年、芥川賞の候補になって話題になり、今年も同賞の候補になってまさにブレイク。様々なバラエティ番組にも出るようになった。

 三日前、いつものように紅葉を眺めながらウォーキングをしていて、ふと思い立ってコース脇にある市民図書館に寄って彼の著書を探してみた。5冊以上はあったと思うが、絶望の国の幸福な若者たち」も、芥川賞候補になった2作とも、この城南図書館には置いてなかったり、他の図書館に有っても貸し出し中だったりした。

 唯一城南図書館にあったのが、「誰も戦争を教えてくれなかった」だった。古市が世界中の戦争博物館を巡る旅をして、各国で戦争をどのように後世に残そうとしているのか、それを知り、記した本だ。

 芥川賞候補にまでなったのだから、彼の文章というのがどういうものか知りたかったのが一番の目的だったが、ドキュメンタリーとは言いながら、古市の文章に触れ、彼の小説も読みたくなった。

 たまたま帰省している娘に調べてもらったら、芥川賞候補になった2作とも図書館での貸し出し予約者が百人を超えているらしい。これはブックオフに行った方が早いかな。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

日記復活のあおり

 前回記事が9月の末日で、ラグビーW杯で盛り上がっているという話しだったんだけど、以来パタッと。

 おまけにツイッターも映画の方のお知らせくらいで、こちらも投稿無しだ。

 この裏には何があったかというと、毎年三日坊主が恒例だった手書きの日記が、久しぶりに続いているのだ。久しぶりに・・という言い方が合っているかどうかはなはだ疑問(そもそもそんなに続いたことがないから)だが 、要するにそういう事。仕事の事をメモったりしてた紙を止めて、全部まとめてノートに書きだしたら、当然だが続いたのだ。仕事がない日は2、3行でいいし、翌日や今後の予定なども思いついたまま書いていたら・・・ネ。

 それでも、数日空いたりすることもあるが、以前の様にそのまま遠ざかることもなく、すっと復帰している。

 なので、こちらのつれづれ日記に書く時間が無くなっていったということ。時間もだし、意識も遠ざかっているかな。

 前回記事の続きを書くとしたら、日本はグループリーグの最終戦スコットランドに辛勝し、決勝トーナメントへ。

 初戦、準々決勝の相手は因縁の南アフリカ。前回大会の様にはいかず1トライもできずに敗れてしまう。

 この後の波乱は、ニュージーランドがイングランドに準決勝で敗れた事。

 決勝はそのイングランドとウェールズを破った南アフリカ。南アフリカが32-12で3度目の優勝となった。

 日本の代表選手が南アフリカに優勝してもらいたいとよく言ってたが、その通りになった。

 という事で、今日の音楽動画は負けたイングランドの人々におくるこの歌。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

ラグビーワールドカップ・日本大会

 今、日本ではラグビーのワールドカップが開催されていて大盛り上がりでありますな。

 一昨日は日本の第2戦、対アイルランド戦が行われて、世界ランキング2位対9位の戦いという事で、大方の予想はアイルランドの勝利だったが、前半は9-12でアイルランドの優勢、しかし後半戦になるとアイルランドの足が止まり出し、日本がトライも決めて10-0、結果19-12で日本が勝利した。

 当日、大阪に有名歌手のコンサートを観に行った妻が不在の中、のんびりとTV観戦していた僕も、善戦虚しく・・・という予想をしていただけに、後半の逆転トライの瞬間にはおもわず泣いてしまいました。

 なんででしょうかねぇ。ラグビーのトライって感動するんですよねぇ。息子が小学生の頃にラグビーをやっていて、身体が小さいのでスクラムハーフだったんですが、それがゴール近くのスクラムの陰からひょいと飛び出してトライを決めた時なんて・・・(ウルウル!)

 そこで、ワールドカップについて調べました。

ラグビーワールドカップ英語: Rugby World Cup)は、ラグビーユニオンナショナルチームの世界一を決定する世界選手権大会。第1回大会は1987年に開催され、4年ごとに開催されている。優勝トロフィーは「ウェブ・エリス・カップ」。ワールドラグビー主催。現在、運営管理はラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)に委託されている。夏季オリンピックFIFAワールドカップとともに、世界3大スポーツイベントである[1]。大会テーマソングは「ワールド・イン・ユニオン」>(ウィキペディアより)

 因みに、今回の日本大会は第9回らしいです。

 今大会の予選を含めた参加チームは93ヵ国。で本選出場は20ヵ国。

 5チームごとに4つのプールに分かれてリーグ戦。各プールからは2か国が勝ち上がり、後はサッカーと同じくトーナメント戦となる。

 日本はプールAで只今1位。このまま全勝して決勝トーナメントに進んで欲しい。

 尚、決勝戦は横浜国際競技場にて11月2日の予定だそうである。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

眼の健康診断

 映画好きなので眼の健康(悪くなると映画が観れないからね)が人一倍気になる人間でありまして、我が母は晩年には白内障の手術をしましたし、女房の父親は緑内障に気付くのが遅く、只今片方の目はほとんど見えないという状況もあり、昨今、余計に眼には気を使っているのでございます。
 で最近、利き目である右目が朝目覚めた時に霞む感じだし、瞼の開閉のたんびに網膜の血管の残像らしきものが出てきて(左目は出ない)、多分それは普通の事なんだろうけど、いわば年に2度くらいの健康診断のついでと思って、今朝行きつけの眼科医院に行ってきました。

 受付の後はいつもの視力検査。視力は前回とほぼ同じ程度らしい。
 そして、先生がいつもの調子で丁寧に片方ずつ直視でみておられました。『綺麗なもんですね』
 血管らしき残像も特に問題はないとの事。
 良かった良かった。
 年に一度の健康診断を7月の頭にする予定で、その中に眼は入ってないのでネ。

*

 福岡は昨日辺りから梅雨入りしてるのに、雨はポツポツしか降ってない。
 ムシムシしてるし、黒い雲は浮かんでいるし、時折冷たい風も吹いて、突然の雷雨が来そうな雰囲気なのに、今日もほとんど降ってない。確か降雨予想は60~80%くらいあったのになぁ。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

ブログでツイート?

 賛同する意見も、しかねる意見も、どちらも参考意見としてフォローしていたら、いつの間にかヘイトツイートの応酬みたいになっていて、最近はツイッターのホームボタンを押すことが苦になってきましたなぁ。
 ということで、こちらも更新が滞っているので、久々につぶやきましょうか。

 ついリモコンボタンを押してしまった午前中のTV番組で「雨と言えば・・・」という楽曲選びのコーナーがあり、勝手に考えていたらこんな曲を思い出しました。
 唄っているのは、ホセ・フェリシアーノ(José Feliciano)。
 1945年9月10日、プエルトリコうまれの73歳。
 盲目のギターの名手。
 ドアーズの「ハートに火をつけて」も覚えてますなぁ。他にも雨に関する曲はあるのに、何故か今日はコレでした。
 原題は「雨」だけど、こっちでは「雨のささやき」とセンチなお題に・・(笑)

| | コメント (0)

«四年ぶりの名古屋