2017年12月10日 (日)

喪中につき

 五日の午後5時45分。父が旅立ちました。

 2年前の師走の頃、一人暮らしの家で転倒してろっ骨を折った父は、それまで何度か渋っていた介護施設への入所を受け入れてくれました。
 当時、95歳。
 『惚けた人ばっかりでこっちまでおかしくなりそう』と文句も垂れていましたが、『そんな人ばっかり見るから(注視するから)そう見えるだけで、若い介護士さんも一杯おられるからそんな人と話もできるでしょうが・・』なんて慰めたりして・・。
 たまに会いに行くと一緒に外食したりもしていましたが、同じ町に住む姉にはアレが食べたいコレが食べたいとわがまま放題。施設の介護士さんとも数人で外食をしたこともあったようです。
 7日の通夜にも沢山の介護士さんが弔問に来られて、思い出のアルバムも作っていただきました。

 元々不整脈があり心臓が弱っていたのですが、四日の朝から元気がないのに気付いた介護士さんがかかりつけの病院に連れて行くと心筋梗塞とのこと。
 5日の午後に姉と一緒に見舞いに行くと四人部屋のベットに寝ており、顔を見せると何やら話しかけてくるもモフモフと言うばかりで言葉が聞き取れない。でも、腰が痛そうなので擦ってあげたり手を握ってあげたりしていたら、その内眠るように静かになっていきました。
 眠るように。
 そのタイミングで巡回に来た看護師さんが慌てた様子で部屋を出て行って、その後も2、3人の看護師さんが入れ代わり立ち代わり。どうやら体に繋がれた機器類のモニターは、看護ステーションにあったようです。

 5時30分過ぎ、うたたねをしたように思っていた時は、2度目の心筋梗塞を起こしていたようです。
 その数分後、緊急治療室に呼ばれた僕らの前で父は息をひきとりました。なんだかあっけない最期だったです。

 享年、98歳。満97歳と4か月余り。
 去年3月に亡くなった母は97歳になったばかりだったけど、今から思えば、97歳になった頃から父の食欲もだんだんと細くなっていったような気がします。

 10月の娘の結婚式には出席してくれたんだけど(披露宴は欠席)、最後の思い出になったかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

目薬って・・・

 ここひと月あまり、北九州と福岡を行き来する回数が増えて、乱視が進んだ眼の為に(長時間の運転でも疲れないようにと)眼鏡も新調したのに、1週間で二度も、運転中に急に眼がヒリヒリと痛み、涙にまみれ、路肩に停車してしばらく目を休めるという経験があったので、今日は眼科に行って来た。

 最初は、エアコンの風のせいのドライアイだと思っていたが、2度目はエアコンも付けてなかったので、本当にドライアイになっちゃったかと思ったんだ。9月に「脂肪結石」を取ったばかりだから、緑内障とかも無いとは思ったけれど、なにせ目の話だからネ。
 下瞼に試験紙を下げるという検査をすると、結果涙はちゃんと出ているとのことで、多分運転中に瞬きの回数が減っていたのかもしれない。
 最近はよく目薬を差すようになったんですけど関係ないですかと聞いたら、医者は目薬にも悪い目薬があって、血管収縮剤などが入っているのは、眼には良くないですと言う。

 それではと、帰って調べたら、なんと市販の目薬って殆どが常用してはいけないものだった。
 何が良くないかって、まずは雑菌が容器の中に入らないための「防腐剤」、そして充血の改善の為に入っている「血管収縮剤」だ。
 第2種医薬品になっている市販の目薬には両方ともほぼ入っていて、勿論今日から使う事はないけれど、これで長距離運転中の眼のヒリヒリ痛みが無くなったとしたら、個人的には目薬の危険が認知されたことになるな。

 怖いねぇ。
 今までそんなに使ってなかったのに、視力の衰えと共に使いだしたら、実は危険なものと知るなんて。

 目薬は眼科でもらうもの以外には、第3種医薬品になっている、「防腐剤」などが入っていない消費期限の短いモノくらいしか使わない方が宜しいようで。
 一瞬で目が覚めた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

多分、自分だけが号泣

pencil 昨日、娘の結婚式がありました。市内のホテルにて披露宴。なんと3時間半!両親は食事の暇はないと聞かされていましたが、余興も多く、しっかりと頂きました。他の人は泣かない所で号泣しそうになって、ビデオに撮られてないか心配です。とりあえず、頭がまだボーっとしています。夕べ~今日と雨です。

*

 ツイッターにこう(↑)書きました。
 「他の人は泣かない所で号泣しそうになって」について、自分への備忘録として書いておきます。
 ま、実際は僕以外にも経験者はいらっしゃるでしょうが、自分自身が思いがけなかったのでネ。

 披露宴の中盤でした。
 花嫁(つまり我が娘)のお色直しの退場シーンで、サプライズとしてエスコート役に弟(つまり我が息子)を指名したのです。
 よくある設定ではありますが、僕の隣にいた息子もその時まで聞かされていなかった様子で姉の所に向かいました。
 弟は娘の八つ下。小学校の2年生の時に生まれた弟をとても可愛く思っていた姉は、子供の頃は勿論、成人してからも常に友達のように接していて、このシーンではそんな弟との関係や姉としての気持ちを、司会の女性アナウンサーが優しく語ってくれたのです。
 ここですなぁ。
 親としては、二人の子供たちがずっと仲良くいてくれたこと、そしてこの晴れの日に改めて実感したこと、そんな所に感動したんでしょう。
 妻にはまだ早すぎるんじゃないと言われましたが、眼鏡の奥から出てくる涙を止めることが出来ず、テーブルナプキンで拭いている自分がいました。声こそ出ませんでしたが、号泣一歩手前でしたな。
 おかげさまで、ラストの娘からの手紙では泣きませんでしたが、内容は良かったです。

 そのエスコートシーンで流れたBGMはこの曲。
 弟がファンだったYuiの「♪feel my soul」

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

脂肪結石

 夕べの夜中、いつものようにトイレの為に目が覚めると、妙に右目が痛い。どうも右目の奥の方がゴロゴロするのであります。
 寝てる間にゴミでも入ったかと、それでも用をすますと、目をつむって再度睡眠に。
 朝になって目を覚ますと、やはり夕べと同じように右目が痛い。目薬を差して、ゴミが取れるのを促すけどやはり痛い。これは例の脂肪の塊がまた出来たかと早速眼科に行きましたら、案の定、石でした。

 コレステロールの多い食事をする人は・・・(と、素人ながら、先生ソレは旧い!と思いながらも)、そんな説明でした。
 眼をひっくり返しながら、ピンセットか何かでひょいひょいと5、6個ばかしの脂肪の塊を取ってもらいました。そして、黒目に傷がついているので目薬を処方してもらいました。
 取るときは少しヒリッと痛いです。

 これで3回目かなぁ。
 これは体質なんでしょう。あと、目を酷使しすぎているのかも。
 ネット・サーフィンも控えましょうかね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

虫垂は大事

 今週の「ホンマでっかTV」で医師が言ってましたけど、盲腸炎、虫垂炎で知られる虫垂は、人間の進化の過程で退化しきれていない器官なので無くても大丈夫なんだという見解は、5、6年前から見直されているとの事でした。
 どういうことかというと、虫垂の中には腸内フローラを正常な状態に保つための菌が蓄えられていて、腸内環境が悪くなったら、虫垂の中の菌が放出されるらしいんです。なので、虫垂が有る人と無い人では免疫力に差があるのだそうです。
 ですか。
 うちの家族では妻だけが子供の頃に虫垂を取っている。特に彼女の免疫力に疑問はないけど・・。
 便秘気味の僕の方こそ、腸内環境に疑問があるんだけどね。

 おまけの音楽動画は、竹内まりやが新人賞を獲った時のでしょうか。もうすぐ終わる「♪September」です。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«帰郷