2018年7月 7日 (土)

今年も大雨

 2、3日前に今年初めて蝉の声(確かアブラゼミだった)を聴いたのに、その後、戻り梅雨とでもいうのか、接近する台風の影響もあって、去年とほとんど同時期に大雨となった。
 生まれ故郷を流れる遠賀川が60数年ぶりに氾濫の危機まで迎える程増水したみたいだが、なんとか今日は落ち着いたようだ。来週くらいまで安心はできないみたいだが。
 それよりは、この線状に伸びた降雨帯は四国、中国、近畿、中部地方まで続いていて、昨日から各地で被害を与えている。死者も出ているようだ。

 2020年には東京オリンピックがあるが、このような大雨が毎年発生するかと思ったら、とても心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

ロシアW杯 ベスト16で敗退

 昨日の早朝、3時キックオフの決勝トーナメント1回戦を見る為に、2時半頃に起きた。その前の晩は9時に寝るつもりだったけど、実際は9時半過ぎだった。『起こして』と言っていた妻は既に起きて台所でお湯を沸かしていた。

 相手は世界ランク3位のベルギー。
 大方の予想は日本の負け。日本のTVでは「引き分け-PKで日本の勝ち」パターンが多かったけど、本音は敗退だったと思う。

 グループリーグでの結果は、コロンビアに2-1で勝ち。セネガル戦は2-2で引き分け。最後のポーランド戦は勝つか引き分けで自力で勝ち上がり、負けるとセネガルvsコロンビア戦の結果次第という状況だった。
 西野監督は決勝トーナメントでの余力を残すために、又控えの選手の力量を再度測るために6人を変えて臨んだ。

 明らかに2戦までとは違う動きで、得点力も下がった。
 それでもポゼッションは上回ったし、それ以外のポイントでも互角だったが、後半に1点先行され、その時点でセネガル-コロンビア戦が0-0だったので、このままではリーグ敗退の危機だった。しかし、その数分後にコロンビアが1点入れ、更に状況は変わった。
 このままポーランドに負けてもコロンビアが勝てば決勝トーナメントに行ける。
 後半動きの良くなったポーランドに攻め込んで更に失点してしまえば、得失点差でグループ3位になる。また、セネガルが同点ゴールを決めてしまえば、それも日本の敗退。
 西野監督は、コロンビアがこのまま優勢のまま納めると読んだ。そして、選手たちには0-1をキープするように指示したのだ。今大会初の勝ち点3を手中にしたポーランドもあえて攻め込まなくなっていた。
 この采配には国内外から賛否両論出たが、大方は是の意見だった。
 結果、監督の思惑通りとなった。

 そして、3日の早朝。
 結果はご存知の通り。
 前半をスコアレスドローで折り返した後半3分、柴崎のミドルパスを受けた原口が飛び出し、ディフェンダーを一人かわしながらゴール。更に4分後、今度は乾がPKエリアのすぐ外からミドルシュートを無回転で打ちゴール隅に決めた。ベルギーのディフェンダーにはまさかここから打っては来ないだろうという油断があったみたいだった。
 これで2-0.
 原口のゴールからこの2-0の余韻が残る数分間は至福の時間だった。
 しかし、日本の方には少し緩みがあったような気がする。選手の表情にも動きにも。
 僕のような素人は、この後ベルギーは前がかりに出るのをためらうだろうし、前半の守備をキープしていけば更にカウンターで3点目も可能性がある、そんな風に考えていたんだけどねぇ。

 実際には、この後ベルギーベンチは、日本の弱点を高さと捉え、たっぱのある選手を替えて来た。
 最初の失点は、ヘディングのセンタリングがコースが良くて、ゴールの隅から落ちてきたラッキーゴール。2点目はCKの流れからの何度目かのセンタリングのヘディングだった。決めたのは交代してきた194センチの選手。
 圧巻は最後の3点目。
 日本のCKをキャッチしたベルギーのキーパーがすかさずスローしたボールを、怒涛の如く日本のゴール前に運んだ5人の選手の連携によるシュートだった。
 まるであのドーハの悲劇を思い出すようなATでの出来事だった。

 今朝未明にはベスト8が決まったW杯だが、半分くらいPKで決まったのではないかという変な印象がある。実際には3試合だ。
 日本の入った山に強豪が多く、この後面白い組み合わせが続く。
 ウルグアイvsフランス。ブラジルvsベルギー。ロシアvsクロアチア。スウェーデンvsイングランド。

 ブラジルとベルギーでは勿論ベルギーに勝って欲しいよね。
 ロシアとクロアチアはクロアチアが勝ちそうだけど。
 ベルギーが勝ったとしてもその次はフランスだろうし、ここも面白そうだ。

 下の動画はこのページでは見れないので、クリックしてyoutubeに行ってね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

2か月ぶり

 前回が4月の14日だから、もう2か月以上書いてない。
 何でしょう?
 2月の平昌五輪で燃えて、その後大谷君で燃えて、燃え尽きたのかな?
 大谷は今月になって故障者リストに入って、今はオールスターの二刀流も無理になって、少しこちらの気分も落ち込み気味でしょうか。

 2か月。
 スクラップしたい(個人的)事件も無かったかというと、それなりには有ったんですけどネ。

 5月には13日に同窓会が宗像のホテルであったなぁ。中学の。
 いつも同窓会で幹事をやってくれている女子が、北九州から関東の方へ引っ越すというので急遽の集合がかかったわけですが、埼玉にいる長男の近くに引っ越すとの事でした。てっきり彼女の一人暮らしを心配して長男から同居を言い出したのかなぁと思ったら、同居ではなくご近所さんになるらしい。
 ま、個人情報なのでそれ以上は聞きませんでしたが、元気でやって欲しいものです。
 しかし、実際のお引越しは今秋になるらしく、直前にもう一度集まるとか。なんやかんや言いながら、皆さん集まりたいんでしょうなぁ。(笑)

 5月7日には、娘の義理の妹さんに赤ん坊が誕生して、その後落ち着いたところでお祝いを持って訪問。
 5日が予定日だったけど、女の子だから5日じゃなくて良かったかな。

 新しい命の誕生もあれば星になってしまう人もいる。
 5月は、高畑監督や星由里子、西城秀樹、朝丘雪路とか色々な人が亡くなった。家の奥さんは野口五郎のファンなので、秀樹の訃報はショックだったみたい。

 そうそう。5月のワイドショーの一番の話題は日大アメフト部の悪質タックル問題だった。
 結構引き摺ったな。
 今もまだ、日大の第三者委員会の結論が出ていないので、またその時には騒ぎになるんでしょう。アメフト部だけでなく、それ以上に日大の組織運営の状況の問題点もあぶり出されて、個人的にも興味がありますです。

 そういえば、レスリング協会も、栄監督のパワハラ問題から協会自体のあり方にも疑問が呈されてきて、こちらもどうなることやら。

 6月の大ニュースは12日の米朝首脳会談でしょう。
 これは現在進行形なので感想は控えます。
 拉致問題が世界的な注目を浴びるような外交をしてほしいですな、日本政府には。

 福岡はとっくに梅雨入りしてますが、確かに気温は20度代の後半なのに、風が涼しくてショートパンツじゃ少しひんやりするくらい。
 昨日は沖縄地方は50年に1回の大雨だったようで、今年もその手の災害が起こるのかと、嫌な気分もあります。

 ということで、とりあえずこのふた月を駆け足でふり返ってみました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

大谷さ~ん、he did it again!

 まぁ、見ることが少なくなっていたワイドショーですけど、最近は大谷さんのことが気になってつい見ちゃってますね。
 大谷翔平。ロサンゼルス・エンゼルスに今季から所属した元日ハムのピッチャーであり、バッティングでも卓越した技術と成績をのこしたアスリートですね。
 1994年生まれの23歳。羽生弓弦とか高木美帆とかと同じ世代。なんか凄いな。

 25歳でメジャーに移籍すれば200億円も超えるだろう契約金が考えられたのに、それを待たずに日ハム時代より少ない年俸で行っちゃった青年。

 デビューは敵地でのDH8番打者。初打席初球初安打という結果を残し、その後の敵地でのピッチャーデビューでも6回3失点で勝ち投手になる。
 さらに、本拠地でのDHでは3試合連続ホームランという快挙。その後のピッチャー登板2戦目は7回一安打12奪三振という、まさにアメージングな活躍。
 オープン戦でのピッチングでは、確か2試合でどちらも3回持たなかったし、バッティングも一割台の打率ということでメディアは酷評していたけれど、掌返しの記事がでまくって、日本のTVも大谷の話題で持ちきりでした。

 今日はロイヤルズで7番DHでの出場。4打数2安打で、2安打目で塁に出た彼がその後得点して、それが決勝点になるという、今日も彼の活躍でチームが勝利した格好。
 エンゼルスは西地区の1位を独走の様です。

 この活躍は、野茂やイチローを思い出すね。
 ひょっとしたら、今年は彼ら以上の結果を残すかもしれない。
 例えば、オールスターでのホームラン競争優勝とか、MVPとか。

 岩手県奥州市出身。花巻東高校で甲子園で活躍。
 明後日がピッチャー三戦目の予定。楽しみだなぁ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

桜満開

201803


 ガラケーというだけではないでしょうが、とても画質が悪いMYケータイで夕べ撮った近所の桜です。
 満開ですけどネ。
 福岡は今日開花宣言が出たばかりですから、つまりこれは普通の桜じゃないです。
 そう。寒桜。
 場所はいつもウォーキングしている市民会館の横の池の周りで、このカンザクラの他に、シダレザクラやシオカゼ桜、御衣黄(ギョイコウ)、ヒカンザクラなど多種多様な桜が植わっていて、違いが楽しめるんです。

 だけど、今日は雨なんですよねぇ。
 そして明日も明後日も雨模様という予報です。

 さっき、外で妻とお昼を食べながら、そういえば去年もこの時期に雨が続いて花見らしいものも出来なかったなぁと話しておりました。今年もそんな風になるのかなぁと。

 今日のような冷たい雨と強い風で見ごろの桜が散ってしまった去年を思い出した、静かな午後でした。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«PyeongChang(平昌) Olympic 2