2018年12月 9日 (日)

一周忌

 筆不精に多忙が重なって、またしてもひと月経ちました。
 とりあえずはオヤジの一周忌が済んだことは書いておかなければと・・。
 12月5日のことですね。
 水曜日に北九州市内の菩提寺にて。
 参加者は僕ら兄弟(勿論姉も)と、我が娘夫婦。実は娘の旦那は僧侶でありまして、菩提寺とは宗派も同じだし何かと関連のあるお寺さんで、一般人の私らにしてみればお坊さん二人にお経をあげてもらえるし、法事の時に人様の倍以上のご加護があるような気持ちなんです。
 娘にしてみても、この菩提寺の住職の奥さんなどとも顔見知りでもあるし、和やかな一周忌となりました。

 法事終了後には皆でお墓参りも済まし、近くのレストランで食事をしながら近況を語り合ったのでした。

 なかなか寒くならずに温かい秋が続いていたのに、12月に入って北からやってきた寒気団のせいで12月らしい寒さになり、雨も降ったりしましたが、5日は落ち着いた空模様でした。

 あれから、もう一年経ったのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

十月桜

 約ひと月ぶりの投稿です。
 先ほど、いつもの市民センター横の散歩道をウォーキングしてきたところですが、驚いたのが池の周りにあった柳の樹が7、8本ほど切られて無くなっていた事。根元から切られていて、そこには切り株もなく土が盛られておりました。ま、無くなっても景観的にはどうという事はないですけど、ある日突然というのはびっくりしますな。

 桜の中には春でもないのに秋に咲くものがあるらしく、概ね気候を勘違いしたものだと数週間前のTVで言ってましたが、中には十月にしか咲かない桜もあるとも言ってました。
 見つけましたよ、ここにも「十月桜」と呼ばれる品種が立っているのを。


Kimg0101_2


 実は写真は1週間以上前に撮ったものですが、今日もしっかりと花を咲かせていました。
 「ジュウガツザクラ」という名札も付いてましたから、気候感知機能の不具合ではなく、遺伝子が秋に咲くようになっているんでしょう。

 その他の春に咲く桜たちはすでに紅葉してて、足元に赤い絨毯を敷いていました。秋の気配、ですなぁ。

*

 もう11月ですが、10月の最終日曜日には5月に行った宗像のホテルで再度、中学の同窓会がありました。
 学年全体としては3年ぶりでしょうか。
 前回会えなかった同窓生とも約50年ぶりに会って短い時間でしたが楽しく過ごしました。50年ぶりはY君夫婦と、S君、同じテーブルになったH.Sさんかなぁ。
 もう60代半ばだから、胃がんで胃を取っちゃったとか、動脈瘤の血栓が出来て、人工血管を入れてるとか、結構シビアな話も聞けて、改めて気を付けなくちゃいけないなぁと思ったもんです。

 5月にお別れ会をした同級生は引っ越しの手筈がすべて整い、先週の2日に関東に向かったようです。
 転居先は埼玉県らしいですが、昨今の夏の気温の高いのを知っているだけに、くれぐれも気を付けるようにと声を掛けました。歳をとってからの環境の変化ってどうなんでしょ?

 そういえば、先日肺炎球菌ワクチンって奴を打ちましたよ。
 とりあえず5年は免疫が効くそうですが、その後は政府の補助はないとか。
 というか、このワクチンの補助金が出るのは今年で終了らしいですな。僕の世代は良いけど、ねぇ・・・。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

BMI

 先日テレビでやってましたが、BMI、いわゆる適正体重ってやつですが、医学的にはほぼ根拠がないらしス。

 そもそも、BMIという考えが出来たのが19世紀の話で、その後も一般的に知られることは無かった。ある医者が思い付いた論文であり、単純な身長と体重の数値を使ったモノで、個々の体質などを無視したアバウトなものだったんですね。
 時は20世紀に移り、生命保険会社も出来た頃、ある生命保険会社の営業マンが、偶然発見したのがそのBMIの論文だったんです。
 もともと、肥満傾向にある人物の方が高い保険料を支払っているというデータがあり、それならばこのBMIを広く知らしめることにより、自分は肥満傾向にあると自覚させることによりより高額の保険料を払わせられるのではないか、と考えたんですね。うまいとこに目を付けましたねぇ。

 今は標準的な健康診断でもBMIの数値が取り上げられ、やれメタボだとか、ダイエットしなさいとか医者が言ってますが、なんちゅうことでしょうか。
 確かにネットでは、25以上は肥満と言われてるけど、実際の統計では25を少し超えるくらいの人が長寿であり、病歴も少ないとか書かれてますよね。

 BMIはアバウトなものだと認識して使うのならいいけど、アレを根拠にメタボとかなんとか言うのはやめて欲しいですな。
 それか、肥満を25以上とかいう判断基準の見直しとかやって欲しい。
 あっ、僕は別にBMIでも肥満じゃないですよ。ただね、一時期境界線を行ったり来たりしてめんどくさいこともあったのでね。やれやれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

ブラタモリ 宇都宮

 今夜はブラタモリ。
 訪問地は栃木県宇都宮市だった。
 テーマは、「宇都宮は江戸にとって重要な町だった」であり、「東京にとっても重要な町だ」ということ。

 宇都宮は江戸から東北へ向かう街道の日光から会津への道と、仙台方面に向かう道の合流点であり、そういう意味での重要な町だったということ。
 もう一つは、日光へ向かう幕府一同の宿場だったという意味で重要だった。なんと、一行の数が13万人だったというから凄い。日光参拝は年中行事だから、宇都宮にとっても一大行事。徳川の殿様が泊まるために本丸があり、宇都宮城の殿様は二の丸に住居を構えていたらしい。
 城の東側に城下町があるが、日光方面への道が城より高い西側にあり、段々と開けてきて城下町になっていったんだが、城より高い位置にあるのでいわば城上町になっているとのこと。タモリはオカシな町ですねと言っていた。

 さて、東京にとって重要とは?
 宇野宮と言えば大谷石だが、案の定、建築物の要素として東京に重宝されていたというのがその理由。
 更に、かつて250か所あったという採石場は、今も稼働しているのが7か所で、240か所以上は地下水の堪るただの貯水場でしかない。ところが、この貯水は夏場でも10度Cしかなく、その冷たさを利用してある果物が作られているらしいのだ。
 栃木で有名なのは苺。
 夏場、冷たい地下水が溜まる採石場後の上部にビニールハウスが建てられ、そこでは「ナツオトメ」という苺が栽培されていた。地下水をポンプで汲み上げ、苺の茎に冷気を伝わせることで夏季の栽培に成功したらしい。

 大谷石の採掘場跡が落盤とかで心配だとか、そんなテーマでかつてニュースになっていたような記憶があるが、立派に利用されていて、宜しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

カラオケチャンピオン

 若い頃から日記というと、長く続いて三日というのが僕の相場だったけど、このブログって奴はもう13年も続いてるんだよね。
 いわゆるノートの日記なら誰に見られることもない。思えば、誰にも読まれないというのが、モチベーションを下げてたのかな。
 ノートの日記には秘密の事も書けるのに、意外とそんなものは書かない。どこかで疑ってるんだよね、いつか読まれるんじゃないかって。
 ま、そんなこんなで、今回もひと月ぶりの更新です。

 さて、今回のお題は「カラオケチャンピオン」。
 TV番組の話です。
 実際には「カラオケバトル」とか「カラオケのど自慢」とかいうのがタイトルなんだけど、内容は同じね。カラオケで唄自慢をして、機械が採点したヤツで勝ち負けを決める。
 ありゃ、番組製作サイドとしては、昔みたいにお偉い作曲家や作詞家先生を集めなくてよくて、お安く上がるんだろうね。
 それに、視聴者からは誰々の採点はオカシイとかクレームも来ないだろうしね。だって、機械が採点してるんだから、しょうがないってもんだ。
 適当にタレントを呼んできて、美味しい言葉を流してりゃイイ。呼ばれたタレントも褒めときゃ好感度が上がるしネ。

 それにしても日本人らしいね。機械に採点させてOKって。作る方も、見る方も。

 とはいえ、この人の唄は毎回好きだね。この人だけは聴くようにしてる。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«さだまさし